この世は魂の学校なのか

この世は魂の学校である。

この言葉剥かれるのか聞いたことがあると思います。

しかし結論から言うとこの世は魂の学校なのかという問いの答えはあなたが学校だと思えばどの弱学校になりえますが実際のところそうではないということになります。

学校のように決められたそこで学ぶべき内容なんてものは無いのです。

またこれをしなければ落雷してしまうとか卒業できないなんてこともありません。

また介さなくてはいけないカルマもありません。


そもそもあなたはなぜ地球に生まれてきたのでしょうか。

それは自分で望んだからです。

閻魔様がいて思えばもっと学ぶために地球に行けと言われて地球に送られたわけではありません。


では何のために地球で生きているのでしょうかそれは大きく2つあって1つ目は自分の望みをはっきりさせてより大きな望みを抱くためそしてもう一つは自分の喜びを追求して成長するためです。


ですのでこの地球に来た使命とかやらなくてはいけないのは何もないのですね。

あえて言うと自分の喜びとは何なのかを探してその喜びを追求することが使命でありやらなくてはいけないことですがそれはやらなければいけないことと言うよりは自分がやりたくて仕方ないでしょう。


宇宙は常に拡大しています。

あなたが自分の望みを放ってそれを現実化すると宇宙の拡大していくのです。

もしずっとあの世にいたらそこは素晴らしい事しかないので何かを望むということがなくなってくるんですね。

そうすると宇宙の拡大が止まってしまうのであえて物質界という世界があってそこではあまり素晴らしいとは言えないような自分の望まないことも経験できるようになっているんです。

それを経験したり見たり聞いたりすることによって自分はこれはイヤだなということを認識してそして自分はこれがいいという望みがはっきりと分かるのです。

自分はこれがいいということがわかればその実現に向かってその喜びを追求 していけばいいだけです。

エムラクリームを通販最安値で購入する方法オオサカ堂がおすすめ
この世は魂の学校ではなく喜びと 楽しみを求めて訪れたディズニーランドです。

人生でこんなにぶつかったときそれはホーンテッドマンションに入るようなもの。

テットマンションには自分で選んで帰りますしホーンテッドマンションの中でも楽しむことができます。

そして必ず出口はあるです。


この世は喜びをするために作られたゲームの舞台です。

しなくてはならないことはないので 自分の好きなことをして楽しんでください。

人生は自分をいかに幸せにできるかというゲームなのです。