事業融資を受けるためには計画が重要

事業融資を受けるためには、まずは話を聞いてもらえなければなりません。


最初に事業計画書を見せることになりますが、これがでたらめだと門前払いとなるでしょう。


事業融資は多額のお金を貸すことになりますので、貸す側も慎重に判断をしてきます。


また、事業で回収しなければ返済に回すことができないため、当然事業で回収できるかを判断するためにしっかりと事業計画書を見てきます。


私はこの作成にあたり、税理士のアドバイスを参考にしました。


コンサル業務も税理士は扱っていますが、税や企業会計の分野に強いため、このアドバイスでも具体的な展望について数字で示してくれます。


そのため、事業融資のための計画を立てる時に大変強みに感じました。

また、どこから融資を受けるかのアドバイスもしてくれました。


銀行のほかにも公的融資があります。

今回は普通に付き合いのある銀行を選びましたが、新規事業を立ち上げる場合などは、付き合いが銀行とはないケースもあるでしょう。


そういった時に公的融資は頼りになります。


そして、公的融資は銀行融資以上に厳しい審査をされる傾向にありますが、税理士等の数字に強い専門家のアドバイスを頼ることで、対策をしやすくなるため、私は相談したほうが良いと考えます。


事業融資を受ける際のポイントとは
事業融資とは「ビジネスローン」とも呼ばれ、事業者のみを対象に行われる事業資金を調達するための金融商品となっています。


一般的には開業、設備、運転資金等として利用する目的で使われることが多く、とくに事業創業時の創業資金として利用される割合が高くなっています。


金融機関等が事業融資をどの程度行ってくれるかの判断基準となるのは、事業計画書等に記載された将来のビジネスプランです。


現在の事業や、これから行おうと考える事業が成功するための根拠を、しっかりと客観的、合理的に説明できていればそれだけ融資を受けられる可能性も高まります。


ですので、その事業の強みや提供するサービスの素晴らしさなど、事業のセールスポイントを強くアピールすることが大切となります。


また、どれぐらいの期間で返済を終えられるか、将来のキャッシュフローをどのように想定しているかなどをしっかりとシミュレートし、それらを記した収支計画書などを同時に提出することで、より融資は受けやすくなります。


一般に、法人の方が事業融資を受けやすいなどと言われることがありますが、最終的に融資の有無は計画書の内容によって決まるため、個人だからといって不利な部分はありません。


法人 融資