古いものもちょっと工夫するだけで再利用が可能

最近、物を増やさないように努力しています。

そのため今所有しているものを上手に使う術を身につけるようにしました。

自分が「これはいける」と感じたのは、古くなった皮ベルトの使用法です。

自分が愛用していたブラウンカラーの皮ベルトが、だいぶ傷んできました。

色落ちやひび割れが生じているのです。

しかし裏面は問題ありません。

それでベルトのバックルを外し、ひっくり返して使用することにしました。

つまり本来裏面だったところが表に来るようにしたのです。

裏面の素材はけば立ったスウェード調になっています。

そのためこれまでとは見た目は異なります。

それでも色落ちやひび割れはなく、十分使用できます。

使い慣れたベルトであるためにしっくりきますし、穴の位置も気になりません。

この方法はおすすめです。


また仕事で着用するスーツの丈直しも行っています。

厳密に言うと直しは妻が行っていますが、スラックスの丈直しには秘訣があります。

以前、スーツのスラックスの丈はワンクッションと呼ばれる長さが主流でした。

これは靴にスラックスがかかり、少したるみが生じるくらいの長さです。

その後細身のスーツが主流となり、逆に短めの丈のスラックスが主流となります。

自分はワンクッションのスラックスと、短めの丈のスラックスの両方を所有しています。

これらのスラックスの丈を丁度良い長さに調節するために妻が行っているのが、裾をダブルにするという方法です。

愛犬の健康をサポートしてくれるアイテムですので、是非一度ドクターワンデルを使ってみてください。

ドクターワンデルの特徴やメリット※口コミや評判はどう?
スラックスの裾を調節すると調節前の折り返し部分に癖がついてしまい、それがなかなか取れません。

場合によっては変色が生じており、このような状況ではごまかしが不可能です。

そこで調整前の折り返し部分を上手に隠すために、裾をダブルにするのです。

こればスラックスの裾上げ部分の余分がどれだけ残っているかに左右されるために、必ずしも効果的な方法ではありません。

幸い自分が所有しているスラックスの裾は余分があるために、この方法が功を奏しています。