FX のポートフォリオ

ほとんどの場合 、為替 の流れに追従していくMACD(マックディー)と、カレンシー の振幅を測定 するスローストキャスティクスを使い分けることは効果的 です。

中長期的な傾向 さえ測定 することができれば、ファンダメンタルズ分析にチャレンジ するのは英断 といえます。

スワップをコツコツ貯めて地道に次第に 儲ける のか、傾向 に乗って為替差益を狙って儲ける のかによって、取引 スタンスも変わってきますね。

それはそうと 、リスク を分散する着想 として、日本円を絡ませない取引 にもメリット があります。

利確した後になって予想外 に上昇し続けた場合、もっと稼ぐ ことができたのに、と後悔して動機 が下がりますが、流れ を読み損ねたということなのでしょう 。

退職代行