いとしさと切なさと切手相場と

私の父の趣味の一つだった結構な枚数の切手がありますが他の方にお譲りしたいと思っています。


シリーズが揃っているものばかりでもないようですがコレクション全体を買い取っていただけると大変ありがたいです。

どの切手もきれいなコンディションを保っていますので父と同じ趣味で、同じような切手を集めている方に譲れれば嬉しいです。


父の切手の趣味が、よくわかりますね。

切手の買取は店に直接持ち込む方法と、ネットを通して行うものがあります。


店頭買取では、時間や手間がかかってしまいますがすぐに買い取ってもらえるという点は良いです。

ですが、どこの鑑定士に頼むかによって買い取ってもらえる値段に違いが出てきますので高い値段で取引したいのであればインターネットを使いましょう。

何か記念日があると記念切手が出回るなど、切手はそれが扱われる時期によって流通する量も、それぞれ大変な幅で上下します。

それと同時に、買い取ってもらう時につく値段も大きく変わってくるためなるべく高価で買取してもらいたいという場合にはその切手を買い取ってもらうのをいつにするかによっても大事なポイントです。

「切手を買取に出そう」という時、より買取のレートが高額になるのは、1枚ずつよりもシートの場合です。


そうはいっても、もしも枚数は多いがバラばかりだというケース、買取の際、工夫すればレートを高額にできます。

どうしたらいいのか?簡単です。


台紙に貼ればいいのです。


具体的な貼り方は、同じ切手料金の切手50枚を、A3サイズの紙(A4を二枚貼り合わせたものでもOK)に縦5行、横10列に並べて貼ります。


これだけのことでレートが変わり、時には10%も上がることもあるためインプットしておいてくださいね。


未使用の切手でなければ買い取りされないと考えている人もいるかもしれませんが実際にはそれは間違いかもしれません。


とりわけ、古くても保存の状態が良好でコレクター界隈では人気の高いもののケースはもし使ってしまった珍しい切手だったとしても、買取してもらえる可能性もあります。

万が一ご自宅にその様な珍しい切手が眠っていたら、一か八か、切手を買取ってくれるような業者に問い合わせをしてみることをすすめます。

良好な状態で保管されていた、昔の記念切手なんかの場合、びっくりするような値段で買い取られることもあるといいます。


そういった希少価値の高い切手では、最初にしっかり鑑定を行う鑑定買取がベターです。


店頭はもちろんの事、ウェブを利用することもできて、値段を教えてもらってから、買い取ってもらうかどうするか決定することが可能です。


切手を業者に買い取ってもらう場合に、切手10枚以上としてでなければ駄目なのではと思い込んでいる人もいるでしょうが、一枚ずつの切手でも買取可能です。


ですが、どうしても切手シートよりは低価格の買取になりやすいです。


仮に、汚れが見つかったり、糊がとれているのが分かれば余計に安く買取られることになることがあります。


郵便物が届いたらよく見てみましょう。


案外、貴重な珍しい切手が使ってあることがあるのです。

もしそういう切手であれば、買い取ってもらいましょう。

「でもこれ消印押してあるから駄目なんじゃないの?」という方も大丈夫ですが、新品の切手と比較した場合、買い取ってもらう額は下がります。

貴重な切手があるのなら、売買に出してみましょう。


実は貴重な切手だったなんてこともあるかもしれませんよ。

通常は珍しい切手の買取価格はものすごく高い値段になるということはあまりなく常識では考えられないくらいの量の切手を買い取ってもらったという場合を除けば、税金が高くなるということはありません。


しかし、一口に珍しい切手と言っても、額面の値段を超えるような貴重なものも存在し、まとめてそれらを売ろうとすると予想以上の額になって、もしかしたら税金の申告をしなければならなくなるかもしれません。


破れてしまったお札を銀行で換えてもらえるというのは有名ですが、ならば切手が破けた時はどうでしょうか。

郵便局は破損珍しい切手の対応というものはしていないのです。


そうであれば、破れている切手は果たして使えるのでしょうか。


あんまりひどい場合は無理でしょうが、わずかな破損で額面がしっかりと確認できる程度の破損の珍しい切手であれば、使える可能性が高いです。


でも、買い取ってはもらえないでしょう。