の敗因はただ一つだった宅配クリーニング

家を買ったので、移転しました。

埼玉県へ東京都からの引っ越しと宅配クリーニングです。


メンテナンス等でお世話になっているディーラーの方からナンバーの変更はどうするのかと質問されました。

手続きは運輸局にいってするべきであるとのことですが、実際にはやらない人が多数だそうです。

私も従来の東京のナンバープレートをつけています。


結婚のために引っ越したとき、よく荷物や洋服や布団を届けてもらっていたヤマト運輸で、単身引っ越しサービスをお願いしました。


ヤマト運輸に限らず、業者やクリーニング店を利用した引っ越しなど初めての経験で、最初の電話から、緊張の連続でした。

引っ越しと宅配クリーニング当日には、スタッフの方々に対応も作業も終始丁寧に行っていただいたので、荷物や洋服や布団を任せるのに全く心配はありませんでした。

引っ越しと宅配クリーニングはまたあると思いますが、その時にも同じ業者やクリーニング店に依頼したいです。


引っ越しと宅配クリーニングする時の諸手続きは、面倒なことばっかりだなと考えていたら、水道の手続きは電話でも大丈夫だそうです。


大それたことではないと思いますが、なぜだか、大変嬉しいです。

喜びついでに、電話するタイミングもチェックしてみたら、3~4日前までにとの記述を見つけました。


すぐに、電話してみます。

うちの洗濯機はドラム式で、少し前のことですが、転勤による引っ越しをしています。


引っ越しと宅配クリーニングてきた日、荷物や布団が届けられましたが、濡れているダンボールを発見し業者やクリーニング店に即、電話を入れました。


どうやら、洗濯機のホースに水が残っていることに気付かず何かのはずみで漏れ出てきてしまったのでしょう。


その状態のままでずっとトラックで運んできてしまいました。

箱が濡れていただけで、別段何か損害が出たわけではありませんが、ホースの中から、しっかりと水を抜いておく必要があるとは思わかなかったです。


でもまた引っ越しの機会があれば、その時は忘れないでおきます。


エアコンの取り外しが引越しの時に本当にわかりませんでした。

知人に聞いたら、自分で行うなんて絶対に無理だと言われたのです。


そういったことから、エアコン取り付け業者やクリーニング店に要望いって、引越しと宅配クリーニング先に持っていけるよう、取り外しをお願いしたのです。


とても簡単に行っており、流石だと脱帽いたしました。


引越しの際に気をつけたい点はいくつかございますが、特に大事なのはゴミ収集日を頭に入れておくことではございませんでしょうか。

引越しを行う前の掃除では、この日に合わせてゴミをまとめておきましょう。


資源ゴミや紙類等は月に二度しか収集されない地域などもあるので、出し忘れると、面倒なことになります。

この間、引っ越しと宅配クリーニングまして、聞いていたとおり、本番を迎えるまでが大変でした。


マンションに住んでいたし、一階ではなかったので大きい荷物や布団や洋服や布団の移動は、業者やクリーニング店にお願いするしかありません。


けれども、それ以外の荷物はお願いしていません。


自分で運べそうなものを残しておいて何日もかけて台車を借りて運び出し、転居先に運びました。

本当に、台車にはお世話になりました。

引っ越しと宅配クリーニング作業についてですが自分で荷物や衣類を梱包して準備を済ませてしまう人も、大勢いらっしゃるようではありますが、会社にもよるのですが、梱包を業者やクリーニング店が行なう引っ越しと宅配クリーニング洗濯する作業の一つとして依頼できるコースがあります。


そういうことであればここは自分で作業せず、業者に梱包もしてもらうのが良いようです。


養生用のテープや緩衝材などもふんだんに使ってもらえますし、作業も慣れてて早いです。


それに、作業中や運搬中に、破損などの被害を受けることがあっても責任は作業をした業者やクリーニング店にあるとして被害があった荷物や布団や洋服や布団の弁償に至る場合もありえます。

転居で最も必要なものは運搬物を入れる箱です。

細々したものもちゃんと整理して段ボールに収納しておけば、転居にかかる時間も大幅に短縮でき、スタッフも助かります。

段ボールは引越し業者が無料でくれることも多くなりますので、見積もりを依頼する際にチェックするべきでしょう。

引っ越しと宅配クリーニングを決めたのに伴い、エアコンが要らなくなってしまいました。


一般的な賃貸物件ですと、エアコンの設備が付いています。


今住んでいる場所は、昔の寮だったため、エアコンはそれぞれ自分で付けることになっていました。

今頃になって寮じゃなく、賃貸の方にすればよかったなと悔やんでいます。