テレアポで一番大事なこと

テレアポが苦手な人も多いと思いますが、実は今でも一番有効な営業方法だったりします。


テレアポを攻略することが営業成績をアップさせるカギ。


そのテレアポで一番大事なことは、「共感力」です。


今どきではテレアポに警戒している人、テレアポがうざいと思っているひとのほうが圧倒的に多いと思います。


それでもテレアポが有効なのは、ネットなどではなかなか掴みにくい人対人の感情の機微を通して、相手に共感をさせやすいということが挙げられます。


もちろん、法人営業でも個人への営業でも、最初のアプローチ段階では相手は警戒しています。

もしくは「また営業か、面倒だな」くらいにしか思っていません。


そこを突破するのが共感力です。


アプローチの段階で相手が断るのは100%想定したうえで、その断りの裏にある「困っていること」「潜在的な悩み」を探り当てるんです。


電話を切られる前のが怖くてへんに下手に出るのではなく、ズバッと「こういう問題(悩み)を解決したいという人が実は多い」というような切り込みを入れるのがいいでしょう。


そして、相手の話に共感することと同じくらい大事なのが「相手にこちらの話に共感させること」です。


簡単に言うと、多くのイエスをもらうということ。


お互いの共感ポイントが多くなればなるほど、アポも取りやすいですし、その後の商談もスムーズに進行させることができます。