セーラー服は海軍の制服

セーラーとは、日本語で「水兵」を意味しています。

その名から分かるように、発祥はイギリスの海軍です。

セーラー服の襟が後ろに異常に長いことには、実は意味があるのです。

海上では風音などによって周囲の音を聞き取りづらいですよね。

そこで、襟を立たせることによって集音性を上げられるわけです。


セーラー服の全部はV字型に大きく開いた形のものが多いです。

これにも理由があり、海に落ちた時など、服を簡単に脱ぐためです。

さらにセーラー服にはスカーフが付いていますよね。

これも、いざという時は手ぬぐいとして役立つのです。


後に、セーラー服は海軍の幼年学校の制服として選ばれました。

子どもにセーラー服を着せることで、可愛いと評判になったのです。

さらには、貴族の子どもにセーラー服を着せるようになりました。

それが一般大衆へと広まっていったのです。


セーラー服が日本で初めて学校制服として選ばれたのは、1921年の福岡女学院が最初でした。

その後、徐々に日本中にセーラー服が普及していきます。

当時の男子学生の制服は立襟で5つボタンの陸軍の軍服をモデルとしていました。

合わせるように、女学生には海軍の制服と考えられたのです。


最近では日本の中学校では50%、高校では20%ほどの学校がセーラー服を選んでいます。