切手相場…悪くないですね…フフ…

銀行では破損した紙幣を交換してもらうことが出来るというのはよく知られていますが、それでは破れてしまった切手の場合はどうなのでしょうか。


郵便局では、破れてしまった切手を交換するということはしていません。


ならば、破れてしまった切手は使うことが出来ないかというと、破れ具合がひどすぎるものはだめですが、わずかな破損で額面の表示がちゃんと確認出来る切手ならその状態で使えることが多いと思います。

ですが切手を業者に売ることは不可能に近いです。

旧価格である切手を換えてもらって新価格の珍しい切手にしようという時には、その差額以外に、別に手数料を支払う必要があります。


10円以上の切手では、手数料は1枚当たり5円かかり、10円未満のものでは、二枚の合計金額の半分が手数料としてかかります。

もう新しく買ってしまった方が、得だということもあり、時と場合によっては、切手買取の業者に売った方がいい結果になることもあるといえます。


世の中には切手を集めたいがために買う人がいるということを理解された上で発行されており、さらに、切手そのものは作るのにそんなにコストはかからないため何かにつけて記念切手が発行されることは多いです。


その様な部類の記念切手は高価買取が実現することもままありますが「記念切手」であっても希少価値の低いものはそこまで高く買い取られることはないでしょう。


期待はせずに査定してもらってください。

不要な切手を買い取ってもらう方法には店に直接持ち込む方法と、ネットを通して行うものがあります。


お店に持っていく場合、行き帰りや待っている間の時間が勿体ないですが、すぐに売れるという利点があります。


ただ、買取額には、業者間で差がありますので高値で買い取ってもらいたければ、ネットで調べてみた方がよろしいと思います。

お年玉付き年賀はがきの4等が当たるのは毎年のことで、毎年少しずつ増えていました。

日頃から懸賞などではがきを使いますが、年賀切手は日常の文書に使えず、珍しい切手を貯めておいても仕方ないと思いました。


金券ショップなら珍しい切手も買い取ってくれると知り、休みの日に、使わない切手を全部持って行きました。

運転免許証を見せ、書類にサインしましたが、貯まっていた切手でお小遣い稼ぎができたのでちょっと嬉しくなりました。

お宅に届いた郵便に偶然、使用してある切手が高価値の場合があります。

もしもそんな切手ならば、ぜひ買い取ってもらうことを勧めます。

たとえ消印が押してあっても問題はないですが、消印のない珍しい切手と比べた場合、低い金額で買い取られることになります。

珍しい切手があれば買い取ってもらいましょう。


隠れたお宝切手が存在するかもしれません。


東京都の切手相場のホームページ

大体の切手の買い取りにおいては、一般によく知られているのは店頭に直に持ち込む買取方法が主流でしたが、昨今は、買取の際に出張してきてくれたり、宅配を利用して買取してくれたりという業者も珍しくありません。


売るつもりの切手はあるが大量だという場合、店先まで赴くのは面倒です。


それ以外にも、買取のお店から距離のあるところに住んでいらっしゃる場合、時間と交通費を抑える意味でも買取のために出張や宅配を利用した方がいいと思います。


仮に切手を買い取ってほしいという場合、真っ先にリサーチにより高く買い取ってくれるようなところを見つけるのがいいでしょう。


そんな時に、ネット上にあふれる口コミをチェックするのがいいでしょう。


本当に利用した感想が残っているのでどこの業者を選んでいいか分からないときに参考にすることが出来ます。


加えて、本当に信じていい業者なのかどうかについての参考資料にもなるので複数のページで比較検討してみるのがいいと思います。

大抵の場合には、切手の買取価格はそんなに高いということはないので常識では考えられないくらいの量の切手を買い取ってもらったという場合を除けば、税金のことを考慮する必要はありません。

ただ、珍しい切手の中でも額面のプライス以上に高価な価値のあるものがあり、その様なものをまとめて売った時に予想を上回る値段になって場合によっては税金を申告しなければならなくなることもあります。


もしあなたがたくさんの切手のコレクションをお持ちならご自身で業者に行かれるのではなく、出張買い取りという方法を選択することが、賢明な方法です。


ここ数年では、切手の買取だけを専門的に行っているという業者も出てきており、出張買い取りという方法も珍しくなくなり、行っている業者も多いです。


出張買取の利点というと、時間をかけて店まで行く必要がなくなり、たっぷり時間をかけた査定が受けられるということです。