怠け者の雑学

その動きがとてもゆっくりとしている様子から「ナマケモノ(怠け者)」という名前が付けられた、ある意味かわいそうな動物です。

怠け者の運動能力はあまり高くないと思いますよね。

しかし、怠け者は実は泳ぎがものすごく早いのです。

その驚くべき理由について皆さんにご紹介していきますね。


ナマケモノの泳ぎの素早さには皆さんきっと驚きますよ。

ナマケモノは大きく分けて指が三つのミツユビナマケモノと、指が二つのフタユビナマケモノの二種類に分類されます。

その内フタユビナマケモノは水中にいる間、顔が水面から顔が出ないので泳ぐことができないのです。

かたやミツユビナマケモノは、泳ぎが上手でとても速く移動します。

怠け者が住んでいたアマゾンでの習性だと言われています。


アマゾンは熱帯雨林気候のせいで乾季と雨季があります。

雨季になると生息地が洪水の被害に合ってしまうことも少なくないため、泳ぎが得意でなければ長生きができないのです。

ナマケモノの歩く速度は時速120mと言われていますが、泳ぐとなると驚くべきことにその2倍も3倍も速く泳ぐことができるのです。

泳ぎがこんなにも早いだなんてきっと驚きますよ。

これから怠け者に泳ぎを教えてもらう時代がくるかもしれませんね。